読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シコウの甕 亀のシコウ

シコウを書き留める甕です。

170409_思考7 -初めての読書ノート-

インプットのおさらい、またアウトプットの練習として、

読書ノートを作ることにした。

 

やり方

①読書をしながら、重要な箇所に3色ボールペンで線を引いたり、

ページの端を折ったりする。

②ノートに、その本の重要な箇所を抜書きする。

③抜書きした箇所に対してコメントをつける

 

 初めての題材は、最近読んだ読書法の本、

佐藤優 『読書の技法』

にしてみた。

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

 

この本は、読むべき本の探し方から、効果的な読書の方法まで、

タイトル通り、佐藤氏の読書の技法が幅広く書かれている。

佐藤氏の実践例もあり参考になるので、読書初心者にはお勧めする。

 

本当は僕の読書ノートを画像で添付すれば分かりやすいだろうが、

恥ずかしいので今回はやめておく。

・・・と思ったが、これもアウトプットなので、添付することにした。

「下手の考え」を出し惜しみしても仕方ないし、

目的はあくまでアウトプット。外に出すことを恥ずかしがってはいけないのだ。

f:id:shikounokame:20170409150621j:plain

f:id:shikounokame:20170409150646j:plain

f:id:shikounokame:20170409150715j:plain

読書ノートを作った感想

①頭の中で考えていることを言語化するのは、意外と難しい。

②読書ノートを作るには、読書しながら重要な箇所を見抜かなければならない。

(読み終わってから、どこを抜書きしようかと考えていては遅い)

③読書ノートを作ることで、結果的に読書時間の増加になるかもしれないが、

本の内容を理解するという点では、効果的な読書ができるようになる。