シコウの甕 亀のシコウ

シコウを書き留める甕です。

170807 思考18 -文章を書くことのハードル-

文章を書く ということに対して、

「上手く書かなくちゃ」だとか、

「正しい文法で書かなくちゃ」といった

完璧主義から長いこと抜けられない。

 

いつからだったのか全然思い出せないが、

仕事で書くメールや報告書から、

SNSに書くような他愛もないことまで、

とにかく文章を書くことに大きなプレッシャーを感じていた。

 

何かしら自分の考えを発信したいという思いはあったので、

書くこと自体は前向きにとられているのだが、

いざ書こうという段階、あるいは書き終わったて投稿する段階で、

腰が重くなっている感覚があった。

 

多分だけど、僕が書いた文章を見て

「こいつ頭悪いな」とか「まともな文章も書けないのか」

と思われるのが怖かったんだと思う。

僕は、知的に見られたかったんだな。

過去のSNSの投稿を見てみると、そんな臭いがプンプンしてきた。

(本当に恥ずかしいのだが・・・)

 

知性というか、その人が持っている基本的な能力というのは、

いとも簡単に見破られるものなので、

今後の課題は、自分の不出来さを受け入れた上で、

自身を持ってアウトプットをすることだな。

 

文体や構成に縛られず、組手の本数を増やしていきたい。